< 目 次 >
◆トップページ
◆昭和聖徳記念財団について
◆事業活動
  
◇昭和天皇記念館
  
◇生物学の学術研究助成
  
◇青少年の健全育成及び
    自然環境保全のための社会活動
  
◇陵墓勤労奉仕募集
◆刊行物
  
◇新聞「昭和」
  
◇昭和天皇御製カレンダー
  
◇出版図書
◆会員募集
◆リンク集
青少年の健全育成及び
自然環境保全のための社会活動
フィリピン「森づくり」ボランティア体験学習
   緑をこよなく愛され、植樹祭等の開催により日本全国の緑化につとめられた昭和天皇のご聖徳に基づき、次世代を担う青少年が地球規模で「緑」を考え、日本だけでなく、世界の森林を守り、育てる力となることを願うと共に、ひとりひとりが自らの課題に取り組み、答えを導き出し、国際社会に対応した青少年の育成を目的として、平成7年度から高校生以上の青少年男女を対象に毎年行われている活動です。参加する青少年に高い教育的効果があがっていると、各方面より高い評価を頂いております。

   20世紀初め、約30万km2のフィリピン国土の80%以上が森林で覆われていました。しかし、近代的・商業目的の焼き畑や無計画な伐採により、1945年には国土の67%に、そして、現在はわずか9%にまで減少してしまったともいわれています。



   森林の減少によって発生する問題は深刻であり、「乾季の水不足」「雨季の大洪水」「それらに伴う農作物の被害等」など、様々なものがあります。

   現地で行われる主な作業活動は、すでに植林されている木の「下草刈り」や「枝打ち」、これから植林するための苗を作る「苗床ポットづくり」などですが、その他にも学校訪問や現地の人々との交流を通じて、『なぜ熱帯林は消滅の危機に瀕しているのか?』、『なぜ国際交流が必要なのか?』、『私たちは今、何をすることができるのか?』、『ボランティアとは何か?』 等、様々な問題を見つけ出し、いろいろな角度からの取り組みを行い、参加者ひとりひとりが自らの答えを導き出すことを重要視しています。

   参加者は、見渡す限り「ハゲ山」となってしまったフィリピンの自然を見て驚き、熱帯の強い日差しの中、汗を流しながら懸命に作業に取り組み、現地の人々の温かい心に触れ、大きな感動を得ると共に、人間的にひとまわりもふたまわりも大きくなって帰国してきます。

  
 フィリピン森づくりボランティア体験学習は、平成7年度(第1回)から平成20年度(第13回)まで363名の参加を得て実施してきましたが、 新型インフルエンザ流行のため平成21年度から実施を見送りました。その後再開に向け検討を重ねましたが諸般の事情により残念ながら本事業は中止(廃止)いたしました。


自然教育用視聴覚教材ビデオ「森のちから」
   青少年が森と人との関係について学び、考え、自然に対する理解を深めることは重要です。そのため、いつでも手軽に自然との結びつきを学べるよう、自然教育用の視聴覚教材ビデオを製作し、全国の図書館や視聴覚センター、青少年育成団体等を対象に無料配布を行っています。

   期待される効果は、このビデオを通して、青少年の自然に対する意識が高まり、将来森づくりなど緑を守り、育てる活動へ参加することです。また、青少年の指導にあたる教員や指導者等の意識変化への影響も期待されています。



   これまでに製作されてきたテーマは、以下の通りです。
第1作『森のエンサイクロペディア』(平成6年製作)
 
   C・W・ニコル氏と生物学者のC・メイザー氏との「森を語る公開書簡」形式で、世界の森、西洋の森、東洋の森を語り合い、森の共通認識を探る。「森と生活と文化」を追いながら、自然から遊離してしまった青少年に「森」に回帰して欲しいとの願いが込められている。(約45分)
第2作『森のちから〜森と人の歴史』(平成8年製作)
 
   森は私たちの暮らしに様々な恵みをもたらしてくれます。森と人がどのように関わってきたのかを探りながら、これから私たちは、森とどのような関係を築かなくてはいけないのかを考えていきます。(30分)
第3作『森のちから〜日本の原点・豊かな森』(平成10年製作)
 
   森は日本人にとって昔から欠かせない存在でした。日本を代表する豊かな森を訪ねながら、日本人の原点としての森を見つめ直していきます。(約30分)
第4作『森のちから〜森にいかされ、森にかえる』(平成12年製作)
 
   自然と人間の共生とはどのようなことなのかを問いかけるために、森が持つ完成された循環システムに着目し、北海道富良野の樹海を舞台に、季節を追いながら、長年森を見つめ続けてきた高橋延清氏《どろ亀さん》を通して、森を構成する様々な生命の姿を紹介していきます。(約25分)
第5作『森のちから〜昭和の森づくりは今〜』(平成14年製作)
 
   第2次世界大戦の混乱とその後の都市開発によって、多くの森が伐採され、荒廃した時期がありました。 しかしその一方で、新たに森を作っていこうとする努力も続けられてきました。 昭和天皇のご発意で始められた「全国植樹祭」事業や「皇居」「明治神宮」「国営昭和記念公園」の森づくりを通して、人々の手によって、都市の森がどのように守られ、蘇ってきたかを振り返り 、これからの森づくりのあり方を探っていきます。(約14分)

このビデオを通して「森のちから」を認識し、自然に感謝し、自然を大切にしていく青少年の輪が広がっていくことを願っております。




昭和聖徳記念財団ホームページトップへ